春秋航空の特徴とサービス

ピーチやジェットスターなどのLCCについては知っていても、春秋空港については知らないという人も多いでしょう。知名度はあまり高くはありませんが、日本の他のLCCと比較して中国行きに特化したLCCなので、中国旅行の際に利用してみてはいかがでしょうか?
では春秋航空がどのようなLCCなのか紹介します。

春秋空港について

まず春秋空港は、2012年に日本の国内線に参入したばかりの新しいLCCです。
本社は中国にあり、中国では知名度のある航空会社です。
そのため日本⇔中国便には特化していて、航空券の料金も大変お買得になっています。

ただ、本社が中国だとサービスなどに、不安があると思う人もいるかもしれません。
さすがにLCCですから、大手航空会社であるANAやJALと比較すればサービスに物足りなさを感じるでしょう。
しかしながら同じく国内のLCCと比較すれば、特にサービスが悪いという声は聞こえてきません。

また飛行機を利用する人の中には、国内線であれば搭乗時間が短いのでLCCで十分だけど、さすがに国際線だと大手航空会社を利用したいと思うかもしれません。
ですが行き先が中国であれば、搭乗時間は3〜4時間程度と国内線の搭乗時間と大差はありません。
それぐらいであれば、春秋航空で多少座席が狭くても十分です。
それよりも、大手航空会社の航空券と比較して、半額以下で海外旅行が出来る点の方が魅力が大きいと言えるでしょう。

春秋航空のサービスについて

LCCはサービスが悪いというイメージが強いかもしれません。
ですがそもそも大手航空会社は無料でサービスが充実していると思っている人もいるかもしれませんが、決して無料のサービスではありません。
サービスにかかる経費や人件費は全て航空券代に上乗せされているため、無料のサービスというのは幻想です。むしろ必要ないサービスまで拒否できずお金を払っている状態です。

対して春秋航空などはサービスは有料ですが、航空券が安く、必要なサービスだけ有料で受けた方がよほどお買得だと言えるでしょう。
LCCの中には有料サービスが非常に割高な航空会社もありますが、春秋航空の場合は有料サービスが割安です。例えな機内で販売しているコーヒーは100円ですが、イタリア老舗のコーヒーが100円でお代わり自由です。他にも荷物の多さに応じて料金が変わってくるので、余分に支払う事がありません。

関連する記事


About lhoroscopedujour