中国行きの航空券の料金について

お隣の国の中国は、海外旅行先としては身近でオススメの国だと言えるでしょう。
日本の各空港から直行便で就航していて、北京まで4時間、上海まで3時間、大連まで3時間で行く事が可能です。
では、中国までの航空券はいくらぐらいかかるのでしょうか?

中国までの航空券の相場料金

中国までの航空券の料金相場は、旅行する時期や出発する空港、目的地によって価格は大きく異なります。
しかしながら往復の場合の目安として、5万円前後はかかると考えておくといいでしょう。
そのため航空券代だけで5万円かかってしまうので、そこからホテルの宿泊費や旅行中にかかるお金を考えると、やはり海外旅行なので出費が大きくなってしまいます。

ですが最近はLCCと呼ばれ、格安で購入出来る航空券が人気を集めています。
そして中国旅行にオススメしたいLCCは春秋航空です。

なぜかというと、日本の国内線にも参入しているので、日本人でも馴染みが深く、しかも本社が中国なので、国際線の中でも中国行きの航空券の料金がダントツで安くなっているためです。
では春秋航空を利用するといくらぐらいで中国まで行く事が出来るのでしょうか?

春秋航空で行く中国までの航空券の料金

春秋航空の航空券でも、やはり旅行にいく時期によって料金は異なります。
例えば6月の閑散期に中国に出かけるとします。
すると現在、春秋航空で上海までの往路が15800円で購入する事が可能です。
往路とは往復航空券の事ですから、相場の半額以下の料金で行けてしまうのです。

春秋航空は航空券の料金が安いだけではなく、変更や払い戻しにも応じてくれて手数料も安くなっています。LCCにありがちな細かいルールも特になく、ドリンクの持ち込みも禁止されていません。
予約システムもシンプルで操作が簡単なので、使いやすいと言えるでしょう。

関連する記事


About lhoroscopedujour