中国では日本語が通じるの?

海外旅行へ行く場合、言葉が話せないから不安と思う人も少なくないでしょう。
ですが隣の国である中国の場合、日本からの観光客も多いので観光客向けのレストランやホテル、その他観光スポットでは日本語が通じるケースが多くなっています。
では中国の日本語事情について紹介します。

中国の日本語事情

日本でも外国人観光客が多い観光スポットでは、英語や中国語など3ヵ国語が話せるスタッフを揃えているケースが増えています。
観光スポットでは、観光客が使うお金で儲けている訳です。
言葉が通じないから不便だったと感じたら、再び訪れてはくれませんよね。
そのため語学が堪能なスタッフを揃えている訳です。

同じような理由で、中国でも観光スポットには、語学が堪能なスタッフを揃えているはずです。
そのため言葉が通じなくて困る事は、ほとんどないと言えるでしょう。
ただし、逆に言えば観光スポット以外の現地の人が行くお店や飲食店の場合は、日本語が通じないケースが多いと言えます。

お店にしろ、飲食店にしろ、観光客がよく訪れるお店は料金が割高で、現地の人が訪れるお店は割安になっています。
そのため安くて美味しいモノを食べたい場合や、ガイド本に掲載されていない穴場スポットへ訪れたい場合は、多少中国語が話せた方が不便を感じずにすむと言えるでしょう。

春秋航空なら日本語が通じやすい

基本的にCAは言語が堪能なスタッフが多いと言えますが、春秋航空ならより日本語が通じるスタッフが多いと言えます。
なぜかというと、春秋航空は中国の航空会社ですが、2012年に日本のLCCに参入している日本とゆかりの深い航空会社だからです。
そのため春秋航空は日本の国内線の便もありますが、国際線では中国行きの便が充実しています。

そして日本⇔中国の場合は、中国のスタッフだけでなく日本のスタッフも存在しています。
やはり言葉が通じるだけでは、文化や考え方の違い、サービスの違いなどがあるため、ニュアンスが伝わらない事も多々あります。
ですが日本のスタッフがいれば、日本人が安心して中国行きの旅行を楽しむ事が出来るのではないでしょうか?

関連する記事


About lhoroscopedujour